セミナーのご案内

活動報告

安全安心まちづくり市民の集い(つくば市)

安全で安心なまちづくり」に関心を持ち、犯罪のない街にしていくために毎年開催行事。
子どもたちが犯罪の被害に遭う事件が相次いで発生し、全国的に大きな社会不安を引き起こしていることから、今年度は『子どもたちの安全を守る』ことをテーマとした市民の集いが開催されました。

地域ぐるみで子どもを守りましょう!
2006年11月23日(木)

2006年11月23日(木・祝日)天気予報は雨でしたが、曇りの中茨城県つくば市にて「安全安心市民の集い」にて講演しました。
今回の演目は、「危険な場所の見分け方で見分ける意識・歩き方で安全に歩く」、「犯罪者・不審者意思決定距離」などについて講演しました。

地域の防犯パトロールの方・PTA・小学生の少年団の皆さんに
   ・ 不審者とは?
   ・ 危険を回避するためには?
  など講演しました。

壇上では、犯罪者に扮した方が小学生役の女性職員を羽交い絞めにて実演、しかし犯罪者役の方が間違えて逃げてしまい、会場では笑いを誘いました 。

講演の最後には必ず、秩父神社の宮司さん作絵馬の言葉をご紹介して終わりにしています。

・赤子には肌を離すな
・幼児には手を離すな
・子供には眼を離すな
・若者には心を離すな