セミナーのご案内

活動報告

平成18年度大宮区安全リーダー養成講習会(さいたま市)

地域で防犯活動を行っている団体や活動を始めようとしている団体等、また個人を対象に防犯知識の研修を実施しました。

保安全リーダーの養成
2006年10月7日〜12月2日(全5回)

さいたま市大宮区中心には、とても大きなターミナル駅の大宮駅があります。新幹線をはじめ、在来線、私鉄を利用する1日の利用者は約62万人にものぼります。それだけ多くの人が集まる大宮区なので、さまざまな犯罪予防の取り組みが必要に成ります。

今回の講習会参加者は、大宮区内の地域防犯活動をおこなっている、自治会・商店会・防犯ステーション・PTAを中心に活動をしている皆様でした。
  各自が待ち歩きをしながら、「どこをどう見て歩き・見るのか」「危険な場所の見分け方」など、お話しました。

この様子は、手品をしている訳ではありません。
 愛犬と力を合わせて子ども達を守ろうと、大宮東中PTA会長が「わんわんパトロール」を発足させました。その「隊員犬」の首にシンボルとして真っ赤なバンダナを巻いて活動されているそのバンダナを見せて頂いています。

とても熱心に講習会を聞き入っている様子です。
 「町を歩くときの意識」について気付いていることのアンケートも、全員に記入して頂き、私の講習会終了後の「町を歩くときの意識」の違いを講習で学びました。