セミナーのご案内

活動報告

世田谷区安全安心まちづくりカレッジ

- 市民による市民の安全・安心研究のための学会 -

「考えよう子どものたちの安全」として「子どもの安全シンポジウム」『通学路における子どもの安全確保』等をテーマに7月9日土曜日、約1,500人という大勢の方が集まりました。

<犯罪被害者の対応について>
2004年9月25日〜2005年2月5日
(全9回)

「犯罪被害者の対応について」の講座でした。 前半を高橋精一警部に、いかに被害者及びご家族の方が被害に遭った後のご苦労の実態をお話いただきました。

 警視庁総務部企画課 犯罪被害者支援室 被害者相談係主査 高橋 精一警部 は「もう一度会いたい(遺族の手記)」第1集の編さんを手がけた方でして「電車の中で自分の手がけた「もう一度会いたい(遺族の手記)第1集」を読みながら思わず涙を流してしまった事がありました。」とおしゃる程心の優しい警部さんです。

後半に日本市民安全学会理事及び女性防犯設備士伊藤恭子が講師として講義を進めました。

犯罪被害者支援法が国会でまとまりいかに加害者の立場と被害者の立場の不公平的に守られいない現状の話をしました。身近ではなかなか聞く事の出来ない犯罪被害者の話に生徒さんたちはみな真剣な眼差しで受講されていました。

  平成17年度も講座が開かれます。今年度も講師の要請を頂いておりますのでまた、講座でお会い出来るのを楽しみにしております。